Basicest 対局時計 デジタル チェスクロッ SF-1226

デュアルタイマー機能により、各プレイヤーごとに異なる基本時間を設定できます。クリアなディスプレイは見やすさを確保し、国際チェス、将棋、碁、2人用ボードゲームなど、さまざまなチェスゲームに最適です。

このタイマーには手数をカウントする機能も備わっており、対局中の時間修正も柔軟に対応できます。

さらに、電池交換しても設定がメモリーに保存されているため、設定情報を失うことはありません。

カテゴリー:

説明

画面説明

ボタン

長押し:モード選択/一時停止の時に設定状態に入ります。短押し:次の設定に移動します(設定モード中)、音声のオン/オフ(ゲーム中/中断中)
スタート/ 一時停止 / 設定確認
点滅している数字を増やす
点滅している数字を減らす

モード選択

タイマーをオンにすると、ディスプレイにモード番号が表示されます。5つのタイマーモードを切り替えるには、 または を押します
1: 基本タイマー
2: カウントダウン (切れ負け)
3: ボーナス (フィッシャー / 1手ごとに増える秒数)
4: ディレイ (ディレイ時間が経過するまタイムが動かない)
5: 秒読み

確定するには、 を押してください。

時間設定

モード選択後、詳細な時間設定を調整するには、 を長押しします。

点滅している数字を増やす
点滅している数字を減らす
次の設定に移動

確定

ゲームを開始するには、再び  ボタンを押してください。

ゲーム中の時間調整

ゲーム中に残り時間や設定を変更することができます。

一時停止するには を押し、その後、 を長押しして設定状態に入ります。

アラーム on/off

ゲーム中/中断中に  を短押しします。

モードの設定

1: 基本のタイマー (カウントアップ) カウントアップを使用するには、タイマーモードとして1を選択し、 を押してください。タイマーはゼロからカウントアップを開始し、ボタンが押されるまで進行時間を表示します。

2: カウントダウン
予め設定された制限時間を超過すると、時間切れとなる仕組みです。将棋では「指し切り」とも呼びます。

カウントダウンを使用するには、タイマーモードとして2を選択し、 を押して選択を確認します。
カウントを開始するには を再度押すか、設定を調整するには を長押しします。
点滅している数字を変更するには または   を押します。
を短押しで次の設定に移動します。
左のユーザーの時間設定は右に反映されます。
必要に応じて右のユーザーの時間を別途カスタマイズすることもできます。
設定を確認するには を押し、ゲームを開始するには を再度押します。

3: ボーナス (フィッシャーまたはインクリメンタル)
各個別の手が打たれるたびに、対象の時間制御の最初の手からボーナス時間が利用可能な時間に追加されるタイミングシステムです。

ボーナスを使用するには、タイマーモードとして3を選択し、 を押して選択を確認します。
カウントを開始するには を再度押すか、設定を調整するには を長押しします。
点滅している数字を変更するには または   を押します。
を短押しで次の設定に移動します。
左のユーザーの時間設定は右に反映されます。
必要に応じて右のユーザーの時間を別途カスタマイズすることもできます。
設定を確認するには を押し、ゲームを開始するには を再度押します。

4: ディレイ
各プレイヤーに対して毎手ごとに一定の追加時間を与える方式です。

ディレイを使用するには、タイマーモードとして4を選択し、 を押して選択を確認します。
カウントを開始するには を再度押すか、設定を調整するには を長押しします。
点滅している数字を変更するには または   を押します。
を短押しで次の設定に移動します。
左のユーザーの時間設定は右に反映されます。
必要に応じて右のユーザーの時間を別途カスタマイズすることもできます。
設定を確認するには を押し、ゲームを開始するには を再度 押します。

5: バイオ読み
主に囲碁や将棋で採用される制度です。持ち時間を使い切った後も、一定時間内に着手し続ければ時間切れにならないルールが適用されています。

バイオ読みを使用するには、タイマーモードとして5を選択し、 を押して選択を確認します。
カウントを開始するには を再度押すか、設定を調整するには を長押しします。
点滅している数字を変更するには または   を押します。
を短押しで次の設定に移動します。
左のユーザーの時間設定は右に反映されます。
必要に応じて右のユーザーの時間を別途カスタマイズすることもできます。
設定を確認するには を押し、ゲームを開始するには を再度押します。